特殊治療と手術

胃・大腸内視鏡、膀胱鏡検査

胃・腸、内視鏡検査[内視鏡検査] / ENDOSCOPIC SURGERY

当院では、熟練した医師による苦痛の少ないより安全な検査を目指しています。
鎮痛剤、鎮静剤を使用しますので、時間に余裕をもってお越しください。

胃内視鏡検査

口や鼻から(経鼻内視鏡)カメラを挿入し、食道や胃、十二指腸の内腔を観察します。
原則として、午前中に検査を行なっています。鎮静剤を使用しますので、しばらく休んで帰っていただきます。 検査が終わって、回復したら説明いたします。
検査前日は夜9時以降は食事は出来ません。原則として外来を受診してください。

大腸内視鏡検査

肛門から盲腸までカメラを挿入し、大腸全体を詳しく調べます。大腸ポリープ、炎症、大腸癌、憩室出血などを直接カメラで見て診断します。 この検査は下剤をかけなければならないので、前日から前処置が必要ですので、外来を一度受診願います。その際に検査の説明や下剤の飲み方などを説明します。

大腸内視鏡検査の流れ

1. 外来を受診

検査は予約制です。検査が安全に受けられるかどうかを確認し、検査の手順を説明する必要がありますので、検査希望の方は検査前にいちど来院をお願いしております(電話で検査を予約した方も、検査前に一度来院が必要です)。
来院していただいたら、診察ののちに検査の予約日を決めます。健診結果をお持ちの方は、ご持参ください。検査についてくわしい説明をいたします。

2. 検査前日

水分は多く摂取してください。
きゅうり、おくらなどの繊維の多いものや、イチゴ、すいかなど種の多いものの摂取は避けてください。

3. 検査当日

(09:00)
来院し下剤を飲みます。 午前中は、ほとんど下剤を飲む時間となります。

(13:00)
検査着に着替えていただき、13:30から検査を行ないます。 鎮静剤や鎮痛剤を使用しますので、薬の効果がきれるまでしばらく休んで帰っていただきます。

(夕 方)
検査着に着替えていただきます。 検査の説明をします。